センター長挨拶

director

 原子核科学研究センターは1997年に東京大学における原子核科学の研究および教育の推進のため、大学院理学系研究科附属の施設として発足しました。本センターの前身は、物質の究極の構成要素をさぐる大型研究の日本における草分けとなった東京大学原子核研究所です。その開拓の精神を受け継いで、重イオンをキーワードとして、物質のなりたちの謎を探り、明らかにすることを目指した研究を進めています。また、イオンビームや放射線検出器の応用分野への展開もはかっています。

 本センターの本部は本郷キャンパスにありますが、研究活動の多くは埼玉県和光市にある理化学研究所の和光キャンパス内にある支所で行われています。理化学研究所の仁科加速器センターとの密接な連携を柱に、国際的な共同研究を推進し、独自の視点から原子核物理学を軸にした研究を進め、世界を先導する成果を出しています。

 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻の協力講座として、毎年新たな大学院学生を受け入れ、修士号や博士号を持った人材を送り出しています。海外の先端的な研究施設との共同研究やそれに伴う教育活動も盛んに行われています。学部教育として教養学部や理学部に協力し、体験ゼミナールや学生実験など、研究現場での実機を用いたユニークな教育を実施しています。

 本センターの研究活動は、大学院学生や博士研究員を含む若手の方々の活躍に支えられています。重イオンに関わる科学研究や開発、勉学に意欲のある方を心から歓迎しています。


原子核科学研究センター長
下浦 享




ホーム   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 05 Jun 2009 01:33:25 JST (2914d)