本文へジャンプ
東大-理研共同核物理
国際プログラム

Todai-RIKEN Joint
International Program for Nuclear Physics (TORIJIN)

東京大学と理化学研究所間の協定に基づき、世界最先端重イオン加速器施設、理研RIBFで展開される原子核物理学研究を国際的に推進しています。

JUSTIPEN (Japan-US Theory Institute for Physics with Exotic Nuclei)プログラムなどを介した国際共同研究を促進します。また、国際サマースクールなどの開催、学生/研究者の派遣や受入を通じて若い研究者を育成します。


--- NEWS ---

米国・オークリッジにおいて第6回 LACM-TORIJIN-JUSTIPEN ワークショップが開催されました (2012年10月31日-11月2日)。


神戸で開かれた Conference on Computational Physics (CCP2012) にてスーパーコンピューティングに関するワークショップを開催しました(2012年10月15-16日)。

理研仁科ホール・東大本郷キャンパスにて第 12回 CNS 国際サマースクールが開催されました(2012年8月28日-9月3日)。


米国・オークリッジにおいて第5回 LACM-EFES-JUSTIPEN ワークショップが開催されました (2011年3月15-17日)。

フランス・パリにおいてInternational EFES-IN2P3 Conference on "Many Body Correlations from Dilute to Dense Nuclear Systems"が開催されました (2011年2月15-18日)。