陽子、中性子という二つのフェルミオンの自己組織化により創生される原子核での秩序とその 背後にある機構の解明を実験的に明らかにすることを目指しています。

原子核実験は主に数日の実験を、一人の実験責任者と10人程度の共同実験者と行う比較的小規模実験です。ただし、加速器を使う ために時間の制限があり、実験が始まるとシフトを取って昼夜関係なく実験をすることになります。 小規模実験であるために、実験責任者は目的とする物理はもちろんのこと、検出器学、DAQ(データ取得)学にも精通している必要 があります。初心者にはハードルは高いですが、それを乗り越えた暁の達成感は何物にも変えられません。 どの分野でも活躍できる人材になり得えることは確実です。 皆さんも一緒に研究をしませんか。

研究室のポスター2018年度版はこちら

oedo-day0.jpg

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-21 (火) 22:46:26 (550d)