東京大学 原子核科学研究センター

Center for Nuclear Study, The University of Tokyo

核ダイナミクス

Dynamics Of Nuclear quanTUm System 核ダイナミクス研究室

現在まで発見された原子核は3000個以上あり、どの二つをとっても同じ性質を持った原子核は ありません。陽子、中性子、核力、クーロン力という4つの要素で構成された原子核の自己組織化 機構を明らかにすることを目指しています。

特に、低励起状態に異なる形状が現れる変形共存現象、様々な空間対称性を破ったエキゾチック変形、 原子核での新規物質相であるBEC-BCSクロスオーバー現象といった、陽子と中性子が複数存在することで 発現する現象の実験的研究、探索を行っています。また、γ線検出器、ストリップ型のシリコン半導体 検出器を用いた反跳粒子検出器、薄型ダイヤモンド検出器の開発も進めています。

New cool posts

2020/05/01 研究室webに移行。

2020/03/ 北村さんが博士論文”Nuclear structure at the border of the island of inversion: in-beam γ-ray spectroscopy of 30Mg"で博士号を取得。