東京大学 原子核科学研究センター

Center for Nuclear Study, The University of Tokyo

Posts

2020

20 Oct, 2020

関畑大貴氏:第15回(2021年)日本物理学会実験核物理領域の若手奨励賞(核談新人賞)受賞

クォーク物理グループの関畑大貴氏(特任研究員)が、
「第15回(2021年)日本物理学会実験核物理領域:若手奨励賞(第27回 原子核談話会 新人賞)」を受賞しました。
博士学生時代に広島大学において行っていた博士研究(指導教官:杉立徹)に対するものです。
世界最高エネルギーのLHCの鉛+鉛衝突において、運動量の高い中間子の収量が大きく抑制されていたことや 低運動領域の光子収量が増大していたことを発見しました。
非常に高温で高密度のクォークグルーオンプラズマができていたことを示す重要な結果です。
この研究を起点に、CNSでの一層の研究発展を期待します。

受賞記事:
http://kakudan.rcnp.osaka-u.ac.jp/jp/researcher/kakudan/award_encouraging/index.html
http://kakudan.rcnp.osaka-u.ac.jp/jp/researcher/kakudan/award_young/index.html

Read more...

16 Sep, 2020

報道発表:チタン同位体におこる新たな安定化現象を発見

SHARAQ スペクトロメタを用いた研究成果 “Mapping of a New Deformation Region aound 62Ti” が Physical Review Letter 誌に掲載され、 報道発表が行われました。

掲載論文 Phys. Rev. Lett. 125, 122501 (2020)

東大理学系研究科によるプレスリリース

Read more...

3 Sep, 2020

研究室の扉にて動画公開(大田助教)

先日行われたプレスリリースに関連して、 理学系研究科が製作する Youtube Video 研究室の扉シリーズにて動画が公開されました。

Read more...

27 Aug, 2020

CRIB の記事 (Nuclear Physics News 誌)

CRIB の紹介記事"CRIB: The Low Energy In-Flight RI Beam Separator"が Nuclear Physics News 誌の最新号に掲載されました

Read more...

5 Aug, 2020

CNS Seminar 2020/08/07 Dr. S. Koyama

Place: online

Date: Aug. 07 (Fri) 13:30 - 14:30 * The talk will be given in English. *

Speaker: Dr. Shumpei Koyama (CNS)

Title : Spectroscopy of resonance states in light proton-rich nuclei via missing mass method

contact: Ken Yako

Read more...

29 Jul, 2020

CNS Seminar 2020/07/29 Dr. N. Kitamura

Place: online

Date: Jul. 29 (Wed) 13:30 - 14:30 * The talk will be given in English. *

Speaker: Dr. Noritaka Kitamura (CNS)

Title : In-beam spectroscopy of 30Mg: structural evolution approaching the island of inversion

Abstract : In the island of inversion, ground states of neutron-rich nuclei around 32Mg exhibit strong admixtures of fp-shell intruder contributions. The nucleus 30Mg is located at the border of the island of inversion, and its nuclear structure serves as a cornerstone to track the structural evolution as one approaches the heart of the island, namely 32Mg. In the present work, the structure of 30Mg was studied by detailed in-beam gamma-ray spectroscopy, primarily focusing on firm spin-parity assignments for excited states. The experiment was performed at the National Superconducting Cyclotron Laboratory at Michigan State University. States in 30Mg were populated via nucleon removal reactions. Gamma rays were detected using the state-of-the-art gamma-ray tracking array GRETINA in coincidence with the residual 30Mg, allowing for the construction of an updated level scheme. The experimental results were confronted with large-scale shell-model calculations, providing further insight into the transition into the island of inversion. In this talk, the results and their interpretations will be presented. A new in-beam measurement of 32Mg will also be discussed briefly.

contact: Ken Yako

Read more...

21 Jul, 2020

CNS Summer School 2020

CNS Summer School 2020を開催いたします。

詳細はこちらから

過去のCNS Summer Schoolはこちらから

Read more...

28 May, 2020

記者発表:SHARAQの論文

SHARAQ スペクトロメタを用いた研究成果"How Different is the Core of 25F from 24Og.s.?” が Physical Review Letter 誌に掲載 され、記者発表 が行われました。CNSの大学院生だった Ryan Tang (Tang, Tsz Leung) 博士の博士論文がもとになっています。

Read more...

7 May, 2020

進学ガイダンス2020

大学院進学希望者を対象にオンラインにてガイダンスを行います。

物理学専攻 入試ガイダンス(オンライン)

2020年 5/30(土) 13:00-17:30
原子核科学研究センターの属するA2サブコースの紹介が含まれます。
物理学専攻のページより登録をお願いします。うち、15:30-17:30 には、 原子核科学研究センター進学相談会を開催します。ご都合の良いタイミングでお気軽にお立ち寄りください。
– CNSの特定の教員にたずねたいことがある方は、zoom で入室後にチャットなどで話を聞きたい教員を挙げて下さい。資料を用意してお待ちしてます。
– 研究所と教員の簡単な紹介のために、オリエンテーションセッション(15分程度を予定)を開きます。15:30~ 16:00~ 16:30~ を予定。

物理学専攻A2サブコース合同ガイダンス(オンライン)

2020年 6/5(金) 16:00-17:30
特設ページはこちら事前登録をお願いしています。

和光CNS施設見学会

日程未定です。covid-19 関連の状況を改善をみて行っていきます。

担当: 矢向(yako@cns.s.u-tokyo.ac.jp)

Read more...

3 Feb, 2020

2020-02-03

CNS + RIBF NP seminar by Prof. Muhsin Harakeh at RIBF Hall from 15:00.

Read more...