東京大学 原子核科学研究センター

Center for Nuclear Study, The University of Tokyo

下浦研究室

極限原子核

2 種類のフェルミ粒子(陽子・中性子)で構成される原子核の本質を理解するため、安定な原子核に比べ陽子数と中性子数の比がアンバランスな原子核を二次ビームとした核反応実験により調べています。 入射エネルギーや標的の種類に対応した核反応の選択則を駆使し、魔法数の変化や励起モードの探査・分析により、原子核世界の本質の解明をめざしています。 高分解能ガンマ線検出器GRAPE、高分解能磁気分析装置 SHARAQ、および新しい手法を用いたRI ビーム減速装置 OEDO を開発しています。

来年度から大学院生は募集しません。

メッセージ

研究室のページ