東京大学 原子核科学研究センター

Center for Nuclear Study, The University of Tokyo

道正助教

極限核構造

原子核の安定性を司る核力の性質を、核質量や励起モードの系統的測定を通して顕かにし、いまだ謎につつまれている魔法数の生成・消滅、中性子分布の巨大化現象の発現メカニズムを解明します。 東大CNS と理化学研究所が運用するOEDO-SHARAQ装置を駆使した実験を用いて、ごく短い寿命をもつ原子核の様々な基本物理量の測定を進めています。 原子核の基礎物理データの拡大を実現するとともに、その背景にある原子核描像を構築することを目指しています。